トップページ の中の 健康・美容 エクササイズ コラム の中の 正しい座り方4

伊藤院長の『健康・エクササイズ コラム』

正しい座り方4

前回から疲れやすい座り方をお伝えしてきましたが、

今日は背骨や骨盤に負担をかけない正しい座り方をご紹介します。

IMG_0415.GIF

椅子に座る

腰と膝と足首を直角・90度になるように座り、背もたれに身体をくっつけて隙間をつくらないようにします。

長時間座り続けるのなら、この姿勢が保てる椅子を使うと腰への負担をかなり減らすことができる上に、見た目もキレイになります。

床に座る

横座りやアヒル座りに比べて、腰や骨盤への負担が少ないのは正座です。

正座というと疲れるとか足が痺れるイメージがあるかもしれませんが、

正しい姿勢をキープすれば、身体に負担はあまりかかりません。

正座で座るときは背筋を伸ばしてお腹をしめ、腰を曲げずに座ると背骨の湾曲がキレイにS字に保ちます。

膝に負担がかかって痛いという場合は、お尻の下に少し高めのクッションを入れるととても楽に正座ができます。

 

それでは次回から椅子に正しく座った状態で出来る腕のストレッチのご紹介をしていきます。

[an error occurred while processing this directive]

このページの上部へ