トップページ の中の 健康・美容 エクササイズ コラム の中の 胸郭出口症候群

伊藤院長の『健康・エクササイズ コラム』

胸郭出口症候群

kyoukaku15.jpg

 

胸郭出口症候群(TOS)

前斜角筋・中斜角筋・第一肋骨で腕に出て行く血管・神経が圧迫される病気。

鎖骨周辺で神経や血管を圧迫する原因がいくつかあり、これらをまとめて胸郭出口症候群と呼ぶ。

首や肩・腕を特定の位置にもっていったり重いものを持ったりすると、腕や手指にしびれやだるさ、痛みなどが現れる。首が長く、なで肩の女性に多く、20代が特に多い。

他にも首肩のこりも見られる。

筋力をアップさせる運動療法が中心で、温熱療法や、消炎鎮痛剤、筋弛緩剤などの薬物療法が用いられることもある。

 

次回は首回りのストレッチをご紹介します。

[an error occurred while processing this directive]

このページの上部へ