どうして更年期に、自律神経が乱れてしまうのか

「更年期」と呼ばれる閉経の前後5年のあいだ、女性の心身は急速に変化します。

変わることのひとつで、身体への影響が大きいのが、「女性ホルモンの分泌量が減ること」です。

 

女性ホルモンは、脳にある「視床下部(ししょうかぶ)」からの指示で、「卵巣」から分泌されます。

若いときは、視床下部からの指示に応じて、女性ホルモンを分泌できていました。ですが更年期になり卵巣の機能が衰えると、視床下部がいくら指示を出しても、女性ホルモンを分泌できません。

指示を出しているのに女性ホルモンが分泌されないので、視床下部はパニック状態に。

 

女性ホルモンの調節だけでなく、「体温や呼吸・消化機能の調節、自律神経のコントロール」も、視床下部はしています。なので視床下部がパニック状態になると、自律神経も乱れてしまうのです。

自律神経が乱れやすい更年期には、以下のような症状が出やすくなります。

・めまい
・頭痛
・睡眠トラブル
・疲れが取れない
・ホットフラッシュ

 

上記の症状でお悩みがある方は、パウワウのスタッフにご相談いただければと思います。

また、新しくできた「ゆらぎケアコース」は、更年期の症状でお悩みがある方のためのコースです。ぜひ一度お試しください。

 

女性の心と体の笑顔をつくるために。
施術や商品のご提案とともに、情報発信も引きつづき精一杯いたします。
(山崎)

ストーリー

一覧をみる

POWWOWの最新情報をお届けします。

メールマガジンに登録する