「更年期」と睡眠

前回の記事、「ゆらぎケアコース」の体験会を行いました の続きのお話です。

今回は、体験会に来られた方のお悩みで多かった、「睡眠」について。

 

睡眠の質が落ちた、寝つきが悪い、トイレに起きる、など。ゆらぎ期にまつわるお悩みを伺うと、睡眠に関するものが多かったのが印象的でした。

よく眠れるように、マットレスや枕を見直したら、薬を服用されている方もいると思います。

どうして更年期世代には、睡眠トラブルが起こりやすいのでしょうか。

 

実は、女性ホルモンと睡眠には、深い繋がりがあるのです。

自律神経を整える働きをしている、女性ホルモン(エストロゲン)。更年期に女性ホルモンの分泌量が減ることで、自律神経のバランスが乱れ、睡眠トラブルを招くといわれています。

外出中や仕事中など、緊張した状態のときに優位に活動する「交感神経」が、夜になっても優位のままだと「眠りにくさ」に繋がります。

なので、心身をリラックスさせてくれる「副交感神経」に刺激を与えることが大切です。

 

ゆらぎケアコースは、「副交感神経への刺激」に着目した施術となっております。具体的には、体の外から最も効果的に副交感神経を刺激できる「仙骨」や、自立神経が体の表面に近いところを通る「首の後ろ」などを、施術しながら温めます。

施術以外では、「寝る前にスマホを見ない、寝室にラベンダーのアロマを香らせる」がおすすめです。出来ることからやってみましょう。

 

今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

パウワウ 山崎

ストーリー

一覧をみる

POWWOWの最新情報をお届けします。

メールマガジンに登録する